Tel.088-602-8888 お問い合わせ

ブログBlog

2021.07.05

市販品との違い

今やドラッグストアや通販サイトなどで手に入れやすい市販のホワイトニング剤ですが、実際のところ効果があるのか気になりませんか?市販品を検討している方にとって、今回の記事が少しでも参考になればと思いますので、最後までぜひ見てください♪

市販品の特徴

市販品のホワイトニングや歯磨剤の特徴として、歯の着色を落とす成分と歯の表面を修復する成分の2つの役割があります。主な成分名として、ポリリン酸Naハイドロキシアパタイトが挙げられます。

ポリリン酸Na 

色素分解酵素の一つで、歯の表面の色素だけを分解する成分。効果は少ないですが痛みがないため誰でもかんたんに使えます。

ハイドロキシアパタイト

歯の表面のエナメル質に近い性質を持ち、表面を修復する効果があります。薬用ハイドロキシアパタイト(mHAP)は修復と虫歯予防(初期虫歯の再石灰化の効果がある)にも効果があると注目されています。
「芸能人は歯が命」で注目されたアパガードはこの成分の名前が由来になっています。

これらの成分を含む市販品はホワイトニング効果が少しは期待できます。しかしながら、歯科医院でのホワイトニング施術と比較すると市販品のホワイトニングにはいくつか問題点があるので注意が必要です。以下に市販品のメリデメと注意点についてご説明します。

メリット

  • かんたんに入手でき、種類が豊富
  • 安い

デメリット

  • 実際には効果が見込めない
  • 研磨剤が繊細な歯面を傷つける
  • 研磨剤と表記されてない場合も

市販品は注意が必要!

市販品はお手頃で手に入りやすいので、思わず購入してしまいがちですよね。しかし、市販品によるホワイトニングは効果が期待できないためオススメできません。予後のことも考えて、初めてホワイトニングをする方はまずは歯科医院でのホワイトニングを検討しましょう。

ネックだった費用を解決!

4Kホワイトニングはオフィス2回、ホームトレイとジェルがついてたったの¥4,730(徳島在住の方限定)
ホワイトニングが高くて、手を出せなかった方も気軽にご利用いただけるのではないでしょうか。

まとめ

  • 効果を実感したい方は市販品より歯科
  • 市販品に含まれる成分をよく確認する
  • 市販品は使用上の注意が必要!

いかがでしたでしょうか。
市販品は裏面の成分を確認し、慎重に検討しましょう。安いからといって調査せずに簡単に手を出してしまうのは危険です。現在、市販品を検討している方は、当院の4Kホワイトニングを一度検討してみてくださいね♪4Kホワイトニングでは、患者さまのお口の状態もしっかりと確認し、美しい見た目に近づけるようお手伝いいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

  • LINE